2007年10月21日

バノフィパイ作り


20071021001.jpg英国式紅茶教室 ラ レーヌ ヴィクトリアのYURIKO先生に
バノフィパイの作りかたを教わりに行ってきました。

まず生地(リッチショートクラストペイストリーというそうです)作りから。 
先生の手ほどきを受けながらパイの部分を作って、生地を休ませている間にクリスマスのお菓子で使う「ミンスミート」の中身作りをお手伝いさせていただきました。※クリスマスのお楽しみ.。.:*・°☆  
パイ生地を型に敷きこんでオーブンで焼きあがるまでの間におまちかねのティータイムにしていただきました。

今日淹れて頂いた紅茶はチャイ。 もちろんスパイスから作ってくださった本格チャイです。
コレが本当に美味しかった♪ レシピを教わりたいくらいです。
そして先生が事前に作っておいてくれたバノフィパイを出してくれました。
あぁ〜 幸せ……(*´ -`)(´- `*)




20071021002.jpgパイが焼きあがったところで予め先生が用意しておいたくださったトフィー(缶のまま約4時間 湯煎に掛けた加糖練乳)を流し込み、そこへ輪切りにしたバナナを敷き詰め、生クリームで飾り付けして最後にビターチョコレートをふりかけて出来上がり♪

キレイに仕上がったので嬉しかったです。

その後、ご褒美に先生がもう1品デザートを用意してくださっていました。
以前にもブログで紹介されてて、こちらもいつか食べたい♪って思っていたアップル・ベリー・クランブルというデザートです。
シナモンの利いたリンゴにたっぷりのベリーを載せてオーブンで焼いた彩りきれいなお菓子です。
生クリームを添えていただきました。


先生とはもう随分長いお付き合いになりますが、こうしてのんびりお互いの顔を見ながらおしゃべりするのは
実は初めてかも!もう今までにもいろんなおしゃべりに付き合って貰って来ましたが、
今日が一番楽しかったです。


今日作ったパイはホールのままお持ち帰りさせて頂きました。
明日このパイを持ってお友達の家に行く予定です♪
喜んでもらえるといいなー.。.:*・°☆ 




posted by Kiaora at 21:42 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 手づくりいろいろ
この記事へのコメント
こんにちは♪
バノフィパイ作り楽しかったですね(*^^*)
材料はそんなに使わないし、作り方が簡単で驚いたと思います。
イギリスのお菓子は家庭から生まれたものが多く
手軽で簡単に作れるのが特長です。

ミンスミート作りのお手伝いをして下さってありがとうございました。
クリスマスティーパーティーに召し上がって頂きますのでどうぞお楽しみに〜☆


Posted by YURIKO at 2007年10月23日 19:22
■YURIKOさん
 こんにちはー♪
先日は本当にありがとうございました。
その後、体調のほうはいかがですか? 

おしゃべり楽しかったですね。 

バノフィパイのパイの部分、必要な材料も思ったより少なかったですし手順も難しくなくてこれなら一人でも出来るかなって思いました。
手軽に作れるというのは大事なポイントですよね。
せっかく教わったので忘れないうちにまた作ろうって思っています。

ミンスミートのレシピやチャイのレシピを教わるのを忘れてしまって・・・
ぜひまた教えてくださいね。
もちろんまずはクリスマスティーパーティーのときにその美味しさを味わってから♪
楽しみにしています。
Posted by Kiaora@管理人 at 2007年10月24日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。