2006年09月17日

マーベル

marvel.jpg
X-MEN ファイナル ディシジョンが9月9日にロードショーされました。

先日TVでも紹介されていたマーベル社は特にアメリカンコミックスに興味がない人でも知ってるくらい超有名なキャラクターを数多くだしているアメリカ2大コミックス社のひとつ。

驚いたことに、マーベル社の代表的な出版作品に登場する有名キャラクターのほとんどは、スタン・リーが考案したのだとか。面白いことに、このスタンはそれらの映画の中に脇役として出演している。 本編も楽しいのはもちろんだが、スタンの登場シーンを発見するのも映画を見る楽しみの一つといえる。みなさんも映画を観る際にはぜひチェックしてみてください。

そしてマーベルはハルク,バッドマン,ファンタスティック・フォーをはじめとする5,000を超える“アメコミ”キャラクターの権利を持っている。

そのマーベルが誇るキャラクターをこよなく愛するX-MEN、スパイダーマンなどの公式ファンクラブサイト『マーベルファンクラブ』

最近なにかと話題だもんね。
アメコミに興味なくても、映画のロードショーに合わせて話題として知っている人も多い。
意外と身近なところでマーベルで生み出されたキャラクターは日本でもお馴染みであることがわかる。

この公式ファンクラブでは、いまならリニューアルオープン記念プレゼントキャンペーンをやっているらしい。
ここに「スパイダーマン コスチュームセット コミックスパージョン」というのがあるのだけど、新庄選手はこれを着たのかな・・・? 私に合うサイズもあるのかしら(笑)? 友人とのパーティーやイベントに着て行けば盛り上がりそう♪
あと、ちょっと面白そうなのが「ご当地スパイダーマン東京グッズ」というもの。東京って名が付くだけあって、プレミアが付きそうな限定品も含まれていそうですね。
拡大写真が掲載されてないのがちょっと残念だけど、だからこそ欲しくなっちゃうってことかも!








posted by Kiaora at 17:06 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。